LINE友達登録で簡単に予約が出来ます♪

友だち追加

ご予約はこちら

日頃から悩まれている方も多い頭痛ですが、その原因、実は肩こりにあるのかもしれません。

というのも、頭痛の一種である緊張型頭痛の原因の一つが、
首や肩のこりにあると言われているのです。

今回は頭痛と肩こりの関係についてまとめていきたいと思います。

そもそも緊張型頭痛って何?

頭痛には様々な種類があり、
その中で慢性頭痛とされる頭痛には、次の三つの種類があります。

  • ズキンズキンと脈を打って痛む片頭痛
  • 頭が締め付けられるように痛む緊張型頭痛
  • 目の奥をえぐられるように強く痛む群発頭痛
この中で緊張型頭痛は比較的多くの方が悩まれている頭痛で、
後頭部を中心に頭の両側が締め付けられ、頭が重く感じるような頭痛です。

緊張型頭痛の原因は?

緊張性の頭痛は、筋肉の緊張が原因となって起こる頭痛です。

筋肉が緊張すると血流が悪くなり、乳酸などの老廃物が溜まっていきます。
それが周りの神経を刺激し、頭を締め付けられるような痛みを発生させるのです。

また、筋肉の緊張で脳に酸素が送りづらくなることによって、
脳が酸欠状態になってしまうのも原因の一つと言われています。

肩こりと頭痛の関係は?

肩こりとは、肩や肩甲骨周りの筋肉が緊張している状態のことをいいます。

そして、肩周りの筋肉は、首や頭の筋肉とも筋膜を通じて繋がっている為、
その緊張状態が伝播してしまうのです。

つまり、肩こりに引きずられる形で緊張型頭痛が起こってしまうわけです。

緊張型頭痛を解消するには?

頭を覆う筋肉が緊張している状態なので、
頭をマッサージすることで緩和する場合があります。

頭皮を指の腹で揉むように優しく行うのがコツです。

ただ、肩こりからもたらされた頭痛の場合は、
まず肩こりを解消しないことには、頭痛を繰り返すことになってしまいます。

肩甲骨を大きく回すストレッチで、血流を改善させると頭痛がおさまっていくことがあるので、
深く呼吸をしながらゆっくりと行ってみてください。

まとめ

肩こりの原因の一つは、悪い姿勢を長時間取り続けることなので、
気づいたときに姿勢を正すだけでも、頭痛に襲われる頻度は下がると考えられます。

ただ、緊張型頭痛ではなく片頭痛の場合は、動くと余計に痛くなってしまうこともあり、
また、脳疾患などから来る危険な頭痛の場合も考えられるので、
頭の痛みが取れない時は、必ず病院に掛かるようにしてください。

その上で、頑固な肩こりを根本から解消したいと考えた時には、
骨盤や骨格を調整して、身体の悩みを改善していく整骨院へどうぞ。

お近くの方は、夜9時まで開いていて、
予約をすれば待ち時間なく施術を受けられる八王子ライフ整骨院へぜひお立ち寄りください。