捻挫 整骨院

LINE友達登録で簡単に予約が出来ます♪

友だち追加

ご予約はこちら

スポーツで身体を動かしている時はもちろんのこと、
ちょっとした段差でも、足首を捻ってしまうことってありますよね。

そういう時、湿布を貼るだけで済ませてしまってはいませんか?

ついつい軽く捉えてしまいがちですが、「捻挫」は医学用語でいうと「靱帯損傷」です。
早期に症状を改善するためにも、整骨院へ通ってみるのはいかかでしょうか?

捻挫の原因

捻挫とは、関節の組織が損傷してしまうことを言いますが、
その中で最も多いのが靱帯の損傷です。

靱帯は、関節が必要以上に動くことを制限する役割をする部位なので、
その靱帯を痛める捻挫の原因としては、以下のような二つが挙げられます。

  1. 関節の可動域を超える負荷が掛かる
  2. 繰り返し同じ関節に負荷が掛かる
小石や段差で足首を捻るなど、日常生活で起こる捻挫のほとんどは1に該当し、
2は同じ部位を動かすことの多いスポーツなどによって起こりやすい捻挫です。

捻挫と骨折

重度の捻挫は内出血を伴い、腫れや痛みもひどいため、
骨折していることに気づかない場合があります。

痛みが強い場合は、決して自己判断せず、専門医を受診されてください。

整骨院に来院された患者様で、骨折が疑われる場合は近医を紹介させていただきますので、
安心して治療に専念されてください。

捻挫の処置

捻挫に対する効果的な処置は、靱帯の損傷が治るまで、関節が動かないように固定することです。

足首に使用する固定具には、以下のようなものがあります。

  1. 包帯
  2. テーピング
  3. U字ギプス
  4. ギプス
捻挫の程度によって使い分け、下に行くほど、より動きを制限する固定具になります。

その上で整骨院では、損傷した靱帯の回復を促すため、
電気治療などを行って、早期の治癒を目指します。

捻挫と健康保険

保険が使えるか心配される方もいらっしゃるかもしれませんが、
外傷性の捻挫の場合、整骨院の施術に対しても健康保険・労災保険が使えます。

外傷性の捻挫とは、原因のはっきりした捻挫のことをいい、
いつどこでどのように捻ったか、きちんと分かる捻挫かどうかが重要なポイントとなります。

いつの間にか痛みが出ていた場合など、
筋肉の疲労による症状は保険適用外となるので注意してください。

まとめ

捻挫はくせになりやすいため、たびたび足首を捻挫するという方も多くいらっしゃると思います。

ただ、しっかり固定して治療せず、湿布を貼るだけで済ませていると、
捻挫はそのまま関節の変形へとつながってしまいます。

繰り返す捻挫にお困りの際は、ぜひ一度整骨院にお越しください。
歪んでしまった関節を矯正し、正しい歩き方を身につけることで捻挫しにくい身体へと導きます。

八王子近辺の方は、八王子ライフ整骨院へどうぞ!
お待ちしております。