寝違え 整骨院 保険

LINE友達登録で簡単に予約が出来ます♪

友だち追加

ご予約はこちら

朝起きた時、首が痛くて回らないと、憂鬱な気分になりますよね。

寝違えは寝姿勢の悪さが原因であることが多く、
首だけでなく、睡眠中に脇を圧迫し続けた場合も寝違えを起こすと言われています。

湿布を貼るなどの対処法もありますが、
急性の痛みである寝違えに対しては、整骨院でも健康保険が適用されるので、
お近くの整骨院・接骨院で施術を受けることでつらい痛みを緩和することができます。

今回はそんな寝違えについて、詳しくまとめてみようと思います。

寝違えの原因とは

寝違えは、首や肩、脇周辺の血行不良により筋肉などが損傷を受けることで起こると言われています。

つまり、血行不良の原因となるような以下の要因が、寝違えに繋がると考えられます。

  • 就寝中の首や肩の冷え
  • 高すぎる枕やソファーでの就寝による睡眠時の首への負荷
  • 疲労時や泥酔状態での睡眠による寝返りの抑制

首に負荷が掛かっていても、適切に寝返りを打つことができれば、
寝違えを起こす可能性は少なくなります。

柔らかすぎるマットレスなども寝返りを打ちづらくするため、
寝違えが繰り返し起こる場合は、寝具の見直しを考えると良いでしょう。

また、普段から猫背の方は寝違えを起こしやすいと言われているので、
整骨院で姿勢矯正を行うことでも、寝違えを予防することができるはずです。

寝違えの症状とは

寝違えは、首から肩に掛けて、筋肉や関節が炎症を起こし、
筋肉痛に似た痛みが生じるため、首を動かしづらくなります。

通常、痛みは2、3日で解消され、違和感が残っても1週間程度と言われているため、
1、2週間痛みが続く場合は、寝違えではない可能性があるので医療機関への受診してください。

また、腕や手先に痺れがある場合も、頚椎症など別の病気が考えられるため、
早めに診察を受けることをおすすめします。

寝違えの対処法とは

まず、寝違えた時、冷やすか温めるかについてですが、
痛みがある急性期の2、3日は、筋肉が炎症を起こしている状態なので、
安静にしながら、冷湿布などで冷やすと効果的です。

その後、患部の熱感や痛みがおさまってきたら、安静状態は続けながら、
血行を良くするため温めるのが治癒への近道となります。

寝違えに対してはとにかく安静にすることが一番で、
首、肩へのマッサージやストレッチをご自身で行ってしまうと、
悪化する場合があるので注意が必要です。

とはいえ、普段の生活に支障が出るため、痛みは早めに取り去りたいですよね…。

そんな時は、お近くの整骨院で施術を受けてみてはいかがでしょうか?

寝違えは急性の炎症であり、整骨院でも健康保険が適用されるため、
少ない負担で施術を受けることができるのでおすすめです。

まとめ

寝違えは誰しも経験があると思いますが、その頻度は人によって様々です。

疲労の度合いや飲酒の量なども影響しますが、
普段の姿勢の悪さが、寝違えの起こしやすさに関係していると考えられています。

猫背など姿勢について気になる点がある方は、お近くの整骨院で、
骨盤矯正や骨格調整を受けることにより、寝違えを起こしづらくなるはずです。

八王子市・多摩地域付近にお住まいの方は、八王子ライフ整骨院へどうぞ!
皆様のご来院をお待ちしております。