産後の骨盤矯正

八王子市にある京王八王子駅前の八王子ライフ整骨院では施術に産前痛み・産後の骨盤矯正を行なっております。

出産後体や生殖器が妊娠前の状態に戻るまで6週間から8週間かかると言われています腹部は腹直筋の真ん中の白線と言う柔らかい組織が離れてしまい、腹筋が緩んで弱くなります

産後2ヶ月以降は、育児や家事を無理なくこなすためにも、動作の要である腹直筋は積極的に強化していきましょう。

コルセットやガードルに頼らず、ご自身の腹部を丁寧にゆっくり収縮させることから始め、お腹に集中しをもっていき腹筋を動かすようにします。

絶対に無理をせずに、最初は体に負担の少ない、うつぶせや四つん這いのエクササイズから始め、徐々に他の筋肉を連動して腹直筋を回復させましょう。

産後の体型修復(腰回り)

出産後にヒップが大きくなるのを(骨盤が開いた)と表現されることがあります。

ホルモンの関係で靭帯が緩み、脂肪が蓄積しやすくなっているところに、腰回りの筋力低下などで原因で腰周りが、だぶついたようになります。

改善するには腰回りの筋である小臀筋・中臀筋・大臀筋を強化することです。

下半身をスリムアップするためには、ひねりのストレッチも入れておくことが有効です。

(ただし解剖学的に肉眼で確認できるほどに「骨盤が開く」事は考えられません。)(

産後の尿漏れについて

分娩時、骨盤底の筋群が大きく引き延ばされています。分娩状況によっては会陰裂傷なども起こってしまうこともあり、

産後数ヶ月には元の筋力には普段の生活をしても戻りません。骨盤体の筋肉が弱くなったりすると、

くしゃみなので尿が漏れる腹圧性尿失禁が起こりやすくなります。

産後に裂傷の傷が言える2ヶ月後位から、骨盤体の筋力を整えるエクササイズを行って筋力を回復させていきましょう。

産後の骨盤矯正まとめ

産後には弱ってしまった筋肉のトレーニングと、筋肉が緊張してしまったところはしっかりほぐす。

トレーニングのスタート時期や強度が大切です。

産後の骨盤矯正は子供が外出できるようになったら、早めの骨盤矯正をお勧めいたします。