保険を使えるのはどんなとき?

整骨院や接骨院で骨折、脱臼、打撲及び捻挫(いわゆる肉ばなれを含む。)の施術を受けた場合に保険の対象になります。

骨折および脱臼については、緊急の場合を除き、あらかじめ医師の同意を得ることが必要となっており、当院では脱臼や骨折の整復や固定の処置治療を行い、そのまま病院へ行き医師の受診をお願いしております。

自分自身の健康な身体を取り戻すため、正しく整骨院を利用しましょう。
整骨院で健康保険を使えるのは以下のような場合です。

  1. 患部を痛めた原因が明らかである
  2. 慢性的症状にいたっていない
  3. 内科的疾患による痛みではない

この条件に当てはまらない症状は、健康保険を適用することができませんので予めご了承ください。

柔道整復 固定
整骨院 説明

健康保険を利用して施術できる例

  • 転倒してぶつけたり、捻ったりしてしまった時
  • スポーツでふんばって膝を痛めてしまった時
  • 布団を押入れにしまおうと上に持ち上げたら腰を痛めてしまった時
  • 骨折・脱臼した時の応急処置

健康保険を利用できない例

  • 日常生活での肩こりや筋肉疲労を目的にしたマッサージ
  • 内科的疾患から来る頭痛
  • テレビを横になって見ていると痛む持病の慢性腰痛
  • 同じ怪我で保健医療機関(病院・診療所)にも通院している場合
  • 同じ怪我で別の整骨院・接骨院に通院している場合

整骨院のかかり方を間違えないために、皆さまにもご理解いただく必要があります。

※ 第三者の行為によって怪我をした場合

ご加入の健康保険に『第三者行為による傷病届け』を届け出る必要があります。
なお交通事故治療や労働災害では健康保険を使わない場合がありますので、ご不明な点がありましたらご相談ください。

※ 仕事中に怪我をした場合

通勤中や勤務途中に起こった怪我は、健康保険ではなく労働災害保険が適用されます。
当院で施術を希望する場合は、勤務先に報告するとともに、労働災害を担当する部署に柔道整復師用の労働災害専用用紙を準備してもらい、必要事項を記入してお持ちください。
柔道整復師用の労災用紙は、当院がひと月ごとに労働基準監督署に提出していきますので、月をまたいで施術を受ける場合は、月ごとに新たに労災用紙が必要になります。
お勤め先の労災担当部署に資料作成をご依頼いただき、月の中頃までに当院へ提出していただくようお願い申し上げます。

労災 接骨院 整骨院

あなたの怪我による悩みを解消し、
思わず口角が上がる治療の提供をお約束する八王子ライフ整骨院

こんな時どうすればいいの?という迷いがなくなる治療院を作り上げていきますので、お気軽にお問い合わせ、ご相談ください。

整骨院での保険診療とは

療養費(治療費)は、本来患者さんが費用の全額を支払った後、自ら保険者へ請求をおこない支給を受ける「償還払い」が原則ですが、柔道整復については、例外的な取扱いとして、あなたが自己負担分を柔道整復師に支払い、柔道整復師が患者さんに代わって残りの費用を保険者に請求する「受領委任」という方法が認められています。

このため、八王子ライフ整骨院の窓口支払いは、病院・診療所にかかったときと同じように自己負担分のみ支払うことにより、施術を受けることができます。

柔道整復師があなたに代わって保険請求を行うため、治療を受けるときには、必要書類にあなたのサイン(氏名直筆)をいただくことが必要となります。

保険医療機関(病院、診療所など)で同じ負傷等の治療中は、施術を受けても保険等の対象になりません。
同じ月内で他の医療機関の治療がある場合は必ずスタッフにお知らせください。

カイロプラクティック 整体
整骨院 保険適用

当院の治療

八王子ライフ整骨院では早期回復、改善の目的で治療料金は保険診療とは別に治療全てに自由診療費が加算されます。

自費診療

  • 手技療法(多種なマッサージ、カイロプラクティックの技術)
  • 物理療法(最新医療機器での痛み、むくみや炎症の改善)
  • 理学療法(機能回復、機能訓練メソット)
PAGE TOP