#不眠
#睡眠障害
#駅前整骨院
#八王子ライフ整骨院
睡眠障害

LINE友達登録で簡単に予約が出来ます♪

友だち追加

ご予約はこちら


現代の日本人で約20%の人が患っていると言われている「不眠」。
あなたも次のような症状はありませんか?
  • 疲れているはずなのになかなか寝付けない
  • 夜中に何度も目を覚ます。
  • 朝早くに目が覚めてしまう。
  • いくら寝ても満足できない
今回はそんな「不眠」についてのお話を書きたいと思います。

そもそも不眠って?


誰しも「眠ろうとしているのにどうしても眠れない」なんて不眠体験をしたことがあると思います。
心配事があるとき、試験前日、旅行先など様々な原因がありますが、普通なら次の日には眠れたり、数日から数週の内にまた眠れるようになります。
しかし、時には不眠が改善されず、一ヶ月以上続く場合があります。
そうすると、日中様々な不調が出現するようになります。

  • 倦怠感
  • 意欲低下
  • 集中力低下
  • 抑うつ
  • 頭重
  • めまい
  • 食欲不振

上記は主な不調ですが、その不調は多岐にわたります。


4つの不眠タイプ


一言で不眠と言っても、4つのタイプがあります。

入眠困難
布団に入って30分~1時間程度寝付けない
中途覚醒
夜中に何度も目が覚める
早朝覚醒
起きる予定の2時間以上前に目が覚める
熟眠障害
ある程度寝てはいるが、ぐっすり眠れた感じがない

不眠の原因は?


個人差があるため、一概に決まってはいません。しかし、下記のようなものが不眠になる原因と考えられています。

  • 環境によるもの …… 寝室の環境、温度や湿度、音、光、寝具が変わるなど
  • 体調によるもの …… 身体のどこかに痛みや疼きがある、かゆみがある、頻尿など
  • 心理的要因によるもの …… 不安感、イライラ感、悩みがあるなど
  • 生活習慣によるもの …… カフェイン、ニコチン、アルコール摂取、服用している薬の影響など
  • 体のゆがみなどによるもの …… 首、背骨、骨盤などのズレにより、自律神経が乱れ眠れないなど

不眠の予防法


不眠にならないために、日頃から出来る予防法を紹介したいと思います。

  1. 就寝・起床時間を一定にする
  2. 睡眠時間に拘らない
  3. 太陽の光を浴びる
  4. 適度な運動をする
  5. ストレス発散に心がける
  6. 寝る前にリラックスタイムを作る
  7. 寝る前の深酒はしない
  8. 快適な寝室環境を整える

上記以外に、眠るためには深部体温を下げる必要があります。ですので、入浴は入眠前1~2時間前が良いと言われています。
また、お風呂の温度は38~40℃にゆっくり浸かるのがいいと言われています。
他にも、眠る前にはスマートフォンやパソコンなどのブルーライトを避けるようにし、少し照明を落とし、ゆったりとした音楽を聴いたり、アロマの香りを楽しむなどリラックスする環境をを作るのも良いです。
さらに、眠る前に簡単なストレッチをするのもおすすめです。


不眠に悩む方におすすめの栄養素


下記の3つの栄養素は、不眠に悩む方におすすめの栄養素となります。

  • トリプトファン …… 乳製品、鶏胸肉、牛肉、バナナなどに含まれています
  • グリシン …… 海老、イカ、ホタテ、カジキマグロなどに含まれています
  • ギャバ …… 玄米、トマト、穀物類などに含まれています

まとめ


不眠になると「また今夜も眠れないのではないか?」と不安になりますが、その「不眠恐怖」がさらなる不眠を誘発するとも言われています。
現代、不眠は国民病の一つと言われ、不眠で悩み通院している20人に1人が睡眠薬を服用しています。

睡眠薬は用法・容量を守れば怖い薬では決してありませんが、長期にわたり使い続けることはやはりよくありません。
先にあった予防法を取り入れたり、接骨院・整骨院に相談してみてください。

八王子市・多摩地域にお住まいの方は、八王子ライフ整骨院へお越しください!
スタッフ一同、お待ちしております。