LINE友達登録で簡単に予約が出来ます♪

友だち追加

ご予約はこちら

テニス肘、ゴルフ肘、野球肘…とスポーツ関連の痛みが多い肘ですが、
パソコン作業での腱鞘炎など、痛める原因はさまざまです。

腫れやしびれ、熱はあるか、痛むのは肘の内側か外側かなど、自己判断しづらい部分があり、
関節リウマチや痛風など注意すべき病気もあるので、関節のプロである整骨院へご相談ください。

肘の痛みの原因

ひじの痛みは、病気や軟骨の擦り減りなどもありますが、筋肉や靭帯の炎症によるものがその多くを占めます。

  • 筋肉、関節の疲労から来る炎症(テニス肘、ゴルフ肘など)
  • 腱鞘炎
  • 疾患(関節リウマチ・痛風など)
野球肘は少年野球に多く、日ごろの運動不足も関わるテニス肘、ゴルフ肘とはやや異なります。
腱鞘炎についても、パソコンやスマホを使い過ぎた疲労とも言えますが、骨と筋肉を繋ぐ腱の炎症という点で違いがあります。

肘以外の関節も痛む場合は関節リウマチの可能性があるので、すぐに病院を受診することをおすすめします。

痛むのは肘の外側?内側?

ひじのどちら側が痛いかによって、テニス肘・ゴルフ肘に分けることができます。

外側が痛いとき:テニス肘
…肘の外側の筋肉の炎症や裂傷で、骨の突起部分についた筋肉の使い過ぎが原因です。

内側が痛いとき:ゴルフ肘
…手のひらを外へ向ける動作によって内側の筋肉が炎症を起こすのが原因です。

テニスやゴルフをやっていなくても起きるので、同じような動作を繰り返していないか注意してください。

肘の痛みを解消するには

まずは何より安静にすることです。
重い物を持ったり、腕や手先を使う作業を避け、できるだけ動かさずに過ごしましょう。

痛みが始まってすぐは冷やすことが重要です。
アイシングをしながら、安静を保ってください。
痛みが緩和し弱くなってきたら、今度は温めて血流を良くし筋肉をほぐすと効果的です。

肘が痛んだらとにかく安静にする。
それで痛みが治らない場合は、整骨院などの専門機関へ行きましょう。

最後に…

動かすたびに痛みが走る状態では、何をするのも億劫になってしまいますよね。
スポーツだけでなく、家事やデスクワークでも動かす部分の為、安静を保つのも一苦労です。

肘の痛みをできる限り早く治したい場合は、ぜひ八王子ライフ整骨院へどうぞ!
元プロスポーツ選手の院長が丁寧な施術により、痛みを改善していきます。