LINE友達登録で簡単に予約が出来ます♪

友だち追加

ご予約はこちら

魔女の一撃などとも呼ばれるぎっくり腰ですが、正式名称は急性腰痛症と言います。

地域によってはびっくり腰ともいうくらい、本当に驚くほど突然激痛が襲ってくるので、
一瞬悲鳴を上げた後、その体勢から動けなくなる、なんてこともあります。

今回は、そんな恐ろしいぎっくり腰についてまとめてみようと思います。

ぎっくり腰の原因について

実はぎっくり腰とは総称であり、
急性の筋性腰痛症や腰椎椎間板ヘルニアなど様々な病態があるのです。

つまり、原因も一概には言えないということになるのですが、
主たる要因として、年齢や運動不足などが挙げられることが多いです。

また、ぎっくり腰の引き金になった動作については、
重さに関わらず何か荷物を持ち上げたり、
朝洗顔で前傾姿勢になったり、くしゃみをしたりと日常の何気ない動作が大部分を占めています。

ぎっくり腰の症状について

ぎっくり腰の症状といえば、その強い痛みですが、
急に激痛が襲ってくるタイプと、
最初は違和感程度で時を追うごとに痛みが増すタイプの二種類があります。

痛みがひどい場合、動くこと自体が難しくなるので、
比較的短い期間ではありますが、日常生活に著しく支障をきたします。

また、注意が必要な症状も存在します。発熱や冷汗が出ている場合です。
別の病気が隠れている可能性があるので、
すぐに整形外科などの病院を受診し、診断を受けることをおすすめします。

ぎっくり腰の治療法

痛みが激しい急性期は、まず安静にし、腰を動かないようにしてください。

その上で行うセルフケアとして効果が期待できるのは、冷やすことです。
一回10分程度を目安に、一日数回アイスパックなどを使って、
患部である腰を冷やすと、痛みを和らげることができます。

急性期に動く必要がある場合は、腰痛ベルトやさらしで腰を固定・安定させることで、
痛みを抑えながら行動できるようになるはずです。

そして、痛みが落ち着いてきたら、恐いかもしれませんが、
腰を徐々に動かしていきましょう。
無理にひねったり、曲げたりする必要はありません。
日常生活レベルの動きで、慣らしていきましょう。

まとめ

ぎっくり腰は何の前触れもなく誰の身にも起こるので、予防は難しいのですが、
やはり、運動不足が原因であることが多いため、日ごろから体を動かすことを心掛け、
柔軟性を高めるストレッチを同時に行っていくのが良さそうです。

また、骨盤・骨格のゆがみによって、腰に負担が掛かり、
結果的にぎっくり腰を引き起こしていることも考えられるので、
一度整骨院に掛かってみるのもいいかもしれません。

その際は、予約制で待たずに診察を受けられる八王子ライフ整骨院へどうぞ!