ぎっくり腰の原因と痛みを抑える対処法について

ぎっくり腰の対処法
ぎっくり腰の対処法

LINE友達登録で簡単に予約が出来ます♪

友だち追加

ご予約はこちら

物を持ち上げた時などに腰に激痛が走る、ぎっくり腰を経験された方はいらっしゃいますか?

ぎっくり腰は急性腰痛症といい、魔女の一撃とも呼ばれるほど不意に痛みをもたらします。

あまりの痛さに歩くことすら困難になる方もいらっしゃいますが、
もし少しでも動ける場合は、整骨院・接骨院に行くことで即効性のある治療を受けることができます。
ぎっくり腰を繰り返さない正しい姿勢へ矯正することもできるのでおすすめです。

今回は、そんなぎっくり腰について詳しくまとめてみたいと思います。

ぎっくり腰の原因とは

ぎっくり腰の痛みの発生源となるのは、主に筋肉の損傷や関節の捻挫です。

つまり、腰の筋肉や関節に負担が掛かる以下のような様々な動作が、
ぎっくり腰のきっかけになりえるわけです。

  • 重いものを持ち上げる
  • 洗面台などで中腰の姿勢をとる
  • 後ろを振り向こうと体をねじる
  • 床に落ちたものを拾おうと屈む
  • くしゃみ・咳をする

どれも日常的によく行う動きであるため、日々の負担の積み重ねや悪い姿勢、
腹筋・背筋の筋力低下が、ぎっくり腰の原因だと考えられています。

ぎっくり腰の症状とは

ぎっくり腰は、文字通り突然“ギクッ”と激痛が走ることが特徴で、
その体勢から動こうとするだけで、腰が強く痛みます。

腰を曲げようとすると痛みが増すため、立ったり座ったりという日常的な動作に支障をきたします。

安静にしていても、2~3日は強い痛みが続きますが、
どんな姿勢をとっても痛みが和らがない場合は、ぎっくり腰ではない可能性があるため、
お近くの病院を受診してください。

また、痛みと同時に発熱がある場合や、足がしびれて力が入らない場合なども別の疾患が疑われるため、
早めに病院にかかるようにしましょう。

ぎっくり腰の対処法とは

ぎっくり腰の発症直後は痛みが強いため、横になって安静にしていることが最大の対処法となります。

ただし、完全に身体を伸ばしてしまうと痛みが増す場合が多いので、
背中を丸めて横向きで寝るか、膝下に枕を入れて仰向けで寝るかのいずれか楽な姿勢をとってください。

「ぎっくり腰には温湿布か?冷湿布か?」という疑問をよく聞きますが、
安静にする急性期の2~3日は冷やし、
それ以降は軽いストレッチを行いながら温めると治療効果を発揮すると言われています。

ぎっくり腰は無理をせず、出来る限り安静にしていれば、
発症から7~10日のうちに痛みが消失していくはずです。

繰り返しぎっくり腰になる場合は、普段の姿勢に問題があることが多いため、
お近くの整骨院にご相談いただき、骨盤矯正や骨格調整などにより悪い姿勢を矯正することをおすすめします。

まとめ

ぎっくり腰は筋力が低下した中高年に多いと言われますが、二十代でなる方もいらっしゃるため、
腰に負担が掛かる重いものを持ち上げる時などは、一呼吸おいてから意識して身体を動かすことが重要です。

整骨院・接骨院では、ぎっくり腰に即効性のある施術を行えるほか、
筋肉・関節の専門家として、姿勢の矯正や身体の使い方などの指導もできるため、
腰に痛みや違和感がある場合は、お気軽にご相談ください。

八王子市・多摩地域にお住まいの方は、八王子ライフ整骨院へお越しください!
スタッフ一同、お待ちしております。

関連記事

  1. エコノミー症候群

    エコノミー症候群

  2. 雨の日 頭痛

    雨の日頭痛の原因と対処法について

  3. 肩こり

    放っとかないで、五十肩!

  4. キネシオテープ治療

  5. 効果的なストレッチ法とは

  6. 多発性筋炎・皮膚筋炎(難病指定50)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP