柔道整復+整体コース

カイロプラクティック

カイロプラクティックとは

カイロプラクティック(Chiropractic)は、1895年にアメリカのダニエル・デビッド・パーマーによって創始された手技療法であり名前の由来は、ギリシャ語で「カイロ」は「手」、「プラクティック」は「技術」を意味する造語として全世界に広がっている、代替医療として位置づけられています。

治療法として手技による特徴
関節アジャストメント[神経の調整]
脊椎マニピュレーション[動きの悪くなった関節の調整]
このようにサブラクセーション[神経の調和がとれていない状態]を改善させてあげることがカイロプラクティックの特徴となっています。
カイロプラクティックとは(Wikipedia参照)

プロスポーツ選手も推奨する最新医療機器の紹介
伊藤超短波がこれまで培った独自の超音波技術とハイボルテージのコンビネーション治療
URUTRASOUND
1秒間に100万回~300万回のミクロマッサージで深部の患部も直接温める立体加温。
LIPUS
低出力の安定した超音波で骨折癒合を約40%短縮。筋肉、腱や靭帯の損傷を受けた軟部組織を効果的に治療。
HI-Voltage
150Vを超える高電圧で深部へのアプローチで、痛みの軽減や血流を促進、可動域を改善。
MCR
刺激を感じない極めて弱い電流なので神経や筋を興奮させないため、運動後の筋肉痛の軽減に有効。

適応症状
肩コリ・頭痛・四十肩・五十肩・鍵盤損傷・慢性腰痛・ぎっくり腰・テニス肘・ゴルフ肘・腱鞘炎・変形性ひざ関節症・半月板損傷
従来では届きにくかった深部へのアプローチで
トレーニングやリハビリテーションに特化した治療
複雑な電流のうねりが広範囲に深部にアプローチする「立体動体波」
マイクロカレント治療が立体的に行える、伊藤超短波独自の「3次元 MENSモード」

3次元の立体的な治療機器で、身体深部への治療が可能となっています。

PAGE TOP