ご予約はこちら

今回も、前回に引き続き頭痛についてお話しをしていこうと思います!

前回は、頭痛の約9割を占める慢性頭痛…、いわゆる一次性頭痛と呼ばれるものについて話をしました。

ですので、今回は二次性頭痛とその他の頭痛について話をしていきたいと思います。

二次性頭痛とは

簡単に説明すると、脳を含む体内の中の何かの病気によって誘発される頭痛です。

例えば、クモ膜下出血や脳出血、脳腫瘍などです。

このようにただの頭痛ではなく、病気のついでに頭痛が起きているというようなかなり危険なケースがあるので、あらかじめ特徴を掴んで自身にそのような症状が出た時に備えましょう。

今回は、先ほど例に出したクモ膜下出血をみていきましょう。

クモ膜下出血は、脳を覆っている3つの膜の中心であるクモ膜の下で出血が起こる病気です。

と言われてもあまりピンと来ないと思いますので、クモ膜下出血と頭痛の関連性について話をしていきます。

クモ膜下出血が原因で誘発される頭痛の痛みは、「とにかく痛い」のが特徴です。

経験をした方は、これまでに経験をしたことがなく、例えるのが難しいほど痛いと言います。

このような脳出血が原因で誘発される頭痛の大きな特徴は他にもあります。

  • 徐々に痛みが強くなっていく
  • 体に痺れが起こる
  • 視野がおかしくなる(神経障害)
  • 舌が回らなくなったり、言葉を考えて出すのが困難になる(言語障害)
  • 頭に変な圧迫感や鈍い痛みが続く
  • 嘔吐

などです。

いずれもただの頭痛で起こる症状としてはおかしいものばかりですので、このような症状が出た方はすぐに病院へ行って検査をしましょう。

その他の頭痛について

二次性頭痛に関しては、やはり病院でしっかりと精密な検査をして大掛かりの場合は手術なども必要になってくると思います。

ですので、整骨院の出番はないと言えますが、その他の頭痛は違います。

例えば、「後頭神経痛」です。

これは首の付け根あたりから後頭部にかけての神経に刺激を受けることで起こる頭痛です。

首の付け根あたりから後頭部に電気が走るような痛みを繰り返し感じたことがある方は少なくないはずです。

ピリッとした痛みが数秒の間隔で起こり、それが数日続くのが特徴です。

そして後頭神経痛には、大後頭神経、小後頭神経、大耳介神経この3か所のどれが刺激を受けたかによって痛む箇所が変わるという厄介な性質もあります。

指で強く押した時に痛みが強く出るのも特徴と言えますね。

次は月経関連片頭痛です。

女性ホルモンの一部であるエストロゲンの影響で生じる頭痛です。

一定のリズムで脈打つ痛みである片頭痛と同じような痛みですが、通常の片頭痛よりも、時間が長く、痛みが強いという厄介な特徴を持っています。

月経関連片頭痛に関しては、痛みが起きている場所をやんわり冷やしたりこめかみを抑えるなどして自身での対処も可能ですので、役立ててみてくださいね!

このように頭痛には大きな病気に繋がる怖いものもあれば、整骨院で対処できるもの、自身で対策を取れるもの、といろいろなものがあります。

この機会に勉強して、自身に頭痛がふりかかった時に自分は何をすれば良いのかすぐに判断し、体へのリスクを減らすことが出来るよう心がけてみてはいかがでしょうか?

ちなみに、八王子ライフ整骨院でも対応可能なものが多々ありますのでお気軽にご相談くださいね!

今後とも八王子ライフ整骨院をよろしくお願い致します。