ご予約はこちら

何かに集中した後に、「あー疲れたー・・」と足を伸ばしたり腰を叩いたりしたことはありませんか?

ほとんどの方はしていると思います。

同じ姿勢を続けると疲れがたまりますよね。

昨今では、デスクワークや立ち仕事が増え体への負荷がかかりやすい社会になっています。

昔のように力仕事こそが体に疲労をためる!といった考えはもう古いようですね。

その中でも腰痛持ちの人口は着実に年々増加しています。

そして、厄介な事に年齢によって腰の痛みの原因は違うのです。

痛みの蓄積の場合は一時的な症状なので、施術によって症状が改善されることもありますが中には血管の病気の可能性もあります。

血管の病気が原因の腰や足の痛みは、歩行障害を引き起こす可能性もあるので注意が必要ですよ!

それでは腰に痛みを感じたらどのようにすればよいのでしょうか?

腰の痛みを感じたら…

加齢によって、腰や足など体に不都合なことが出てくるのは当たり前のことです。

具体的には、腰回りの筋肉は大体30歳を超えたあたりから衰え始め、運動をあまりせずだらだらとした生活をしている方は衰えが加速します。

筋肉が衰えると、今までピンと張れていた姿勢も悪くなります。

こうなると腰痛から、逃れることは出来ませんよね。

動くとすぐ腰痛になる…だから運動が出来ない。そうすると、さらに腰痛が悪化…と、ひどい悪循環が生まれてしまいます。

そこで、腰の痛みを感じたら…このような悪循環が生まれたら…

まずは、筋肉の動ける範囲を広げてみましょう。

例えばお風呂上りの柔軟や日々の生活での良い姿勢など案外身近なところで改善していけますよ!

ただし、お風呂上りの柔軟は腰に炎症が起きている方は辞めておきましょう。

となると、腰の痛みを感じたら、…まずは「専門の方に診てもらう」これが最優先事項だと思います。

自分の腰痛の原因を知り、それに対する策をアドバイスしてもらうことが大切ですね。

この場合は、まず整形外科へ行き受診してしっかりと検査してもらい手術などの心配が無ければその後のマッサージなどの施術を整骨院などで受けた方がよいでしょう。

八王子ライフ整骨院は、あなたのお力になれるのでその際は是非ご予約くださいね!(^^♪

整形外科での問診内容などをメモしておけばその後がスムーズにいきますよ!

それでは皆様のご来店を心よりお待ちしております!(‘ω’)ノ