1日に必要なカロリー


#駅前整骨院
#八王子ライフ整骨院
#食事

LINE友達登録で簡単に予約が出来ます♪

友だち追加

ご予約はこちら

食事療法によるカロリーや、筋力を高める食べ物。一口にそういっても、どう対処した良いのか分からない。
今回はそのような人たちのために、記事を執筆しました。

 

通常、男女における必要最低エネルギーは平均で、男女ともに分かれています。
男性は、2700㎏カロリー
女性は、2050㎏カロー

 

と、されています。

 

一日に必要な摂取カロリーは、10~20代・30~50、50~60年代といった具合におおよそ分かれますがどの年代にしても、男性は平均2650キロカロリー、女性は2000キロカロリーの摂取が望ましいとされています。
カロリーの他にも脂質やビタミンなどの他必要摂取量が細かくありますが、それぞれの年代に合わせた摂取カロリー等を制限・抑制するのは圃場に大変です。

 

なお、単純に高蛋白質・高カロリーの食べ物を摂取し続けることは、トレーニングにより筋肉がつくどころか、肥満気味になりがちであり、下弦が非常に難しいところでもあります。

 

健康的かつ筋肉が増長する食べ物として、たんぱく室が豊富なものはそうですが、その他栄養素についても考えて食事を工夫してみましょう。

 

そもそもタンパク質とは、必須アミノ酸(イソロイシン・リジン・トリプトファン)などが結合したもので、筋肉や臓器の構築に深い関わりを持っています。

 

人間は食べるものによって、アミノ酸などの構成要素の効果や効能が変わる場合があるため、良質なタンパク質とその組み合わせが非常に重要なものとなります。

 

なお、たんぱく質が不足すると筋力が低下するだけではなく、ホルモン調整などの機能が低下し、病気などによる抵抗力が低下します。
タンパク質における低下は筋力不足だけに留まらず、様々な病気を併発する恐れがある為、日常的に意識して摂取するよう心がけましょう。

 

なお、たんぱく質を多く含んだ食べ物として「肉」や「豆腐」が有名ですが、食べ易いものとして「牛乳」や「ヨーグルト」、「おから」、「食パン」などが気軽に摂取し易い食べ物であることが報告されています。

 

運動だけではなく、一日の必要カロリーも考慮に入れた上でトレーニングを行いましょう。

関連記事

  1. ぎっくり腰の対処法

    ぎっくり腰の原因と痛みを抑える対処法について

  2. 寝違え 治療

    寝違えの原因と対処法について

  3. 八王子ライフ整骨院 サムネイル

    肉体の衰えを感じたら

  4. 肩こりの原因と解消法とは

  5. 正月太り 解消

    今すぐはじめよう!正月太りを解消する運動

  6. 医療費控除 接骨院

    整骨院も医療費控除の対象になる?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP