推間板とは

#駅前整骨院
#八王子ライフ整骨院
#腰痛
#ヘルニア

LINE友達登録で簡単に予約が出来ます♪

友だち追加

ご予約はこちら

推間板とは、背骨・腰などの骨の間にあるクッションの役割を果たしています。
推間板が骨の間から飛び出すなどの異常をきたすと、手足のしびれ・痛みなどの症状を伴います。
痛みのメカニズムは背骨の後ろ側にある『脊柱管』という器官があり、脳や手足と繋がりを持っている神経が通っており、この部位に推間板が神経を圧迫すると、様々なトラブルが発生することになります。
推間板が飛び出した状態の症状は『推間板ヘルニア』と呼ばれ、首に発症した推間板ヘルニア(正式名称は頚椎椎間板ヘルニア)の場合、首の近くにあたる肩甲骨だけではなく、脚部に動き難さなどの症状をもたらします。
推間板ヘルニアの多くは腰部に発生し、発症の原因は重たい物を持ち上げる重労働を日常的に行っている人に生じやすいもので、軽い自覚症状がある場合、安静にすることで痛みや痺れなどを小康状態に治めることは可能ですが、根本的な治療にはなりません。腰に発症するヘルニアを『腰推推間板(ようついついかつばん)』と呼びます。
推間板ヘルニアには急性と慢性の二つの症状が報告されており、急性は身体をしゃがませる・くしゃみなどの軽い衝撃で発症することがあります。急性型は一時的にヘルニア特有の症状をもたらします。
時間の経過と共に症状が緩和され、一見治癒したように思えますが、そのまま慢性型へ移行することも珍しくありません。
ヘルニアにおける主な治療法は薬物療法や外科手術が主な治療法となっています。特に薬物療法によるヘルニアの症状が比較的軽い場合、飛び出した推間板を元の場所に戻すため、コルセットなどの医療器具を着用することがあります。
またヘルニアによる症状に襲われたとき、「安静が第一」だと思われますがあまりに安静にしすぎるのも問題で、無理のない適度なリハビリを行うことが重要です。
ヘルニアの原因となる推間板は、血液から送られる酸素などの供給を栄養としておらず、主な栄養源は運動という以外なものが栄養素となっています。
八王子ライフ整骨院では、柔道整復師によるヘルニア治療を受けることができます。
来院の方をお待ちしております。

関連記事

  1. エコノミー症候群

    エコノミー症候群

  2. 坐骨神経痛

    坐骨神経痛の原因と治療法について

  3. 肩こり

    放っとかないで、五十肩!

  4. 腰の症状:温めると冷やすの対処の違いは?

  5. 腰痛を改善したいなら整骨院へ

  6. 医療費控除 接骨院

    整骨院も医療費控除の対象になる?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP