自律神経失調症について

#駅前整骨院
#八王子ライフ整骨院
#自律神経失調症

LINE友達登録で簡単に予約が出来ます♪

友だち追加

ご予約はこちら

『自律神経失調症』とは、

・倦怠感
・不眠
・イライラ
・目眩
・下痢や便秘
・頻尿・残尿感

などの症状をもたらします。

自律神経失調症で特筆すべきは、薬などの服用で治療できる病気ではなく、昼夜逆転していない健康的な食事や生活、そして運動を送ることで症状を緩和させることが出来ます。
自律神経失調症には四つのタイプに分かれており、『本能性』、『神経症』、『心身型』、『抑鬱型』と区分されています。

『本能性』は、子供のころから自律神経の調整がうまくいかず、低血圧などの症状をもたらします。基本的にストレスに関係なく、体質そのものに問題があると考えられています。

『神経症』は心理的な影響により、自律神経の乱れが発生します。精神的なストレスに敏感で、感受性が強く、精神状態に左右されます。感情の変化が肉体の症状として現れます。

『心身型』はストレスが原因で発症するタイプです。自律神経失調症の方で最も多くの割合を占めます。

『抑鬱型』は心身型が深刻化になることで、このタイプに移行します。鬱症状によく似たやる気の有無や食欲不振、不眠などの症状が報告されています。
それぞれ自律神経失調症の4つのタイプについて説明してきましたが、肉体におけるトラブル(不眠やイライラなど)の発症はどのタイプでも人によって異なり、それぞれ対象法が異なります。
治療法として生活環境を整えることや薬物療法、適度な運動を行うなど治療の種類は多岐に渡ります。
八王子整骨院ライフでは、整体による施術のほかにマタニティヨガや患者さん個々人に合わせたストレッチ法を提供することが可能です。
自律神経失調症の主な治療法はストレスの解消であり、適度に身体を動かしリフレッシュされたい方は是非当院にお越しください。

関連記事

  1. カイロプラクティックについて

  2. 八王子ライフ整骨院 肩こり

    実はとっても怖い“もみ返し”

  3. トリガーポイントとモーターポイントについて

  4. 目の疲れ

    目の疲れも実は整骨院で解消できる?!

  5. 実は怖い『たんこぶ』

  6. ストレッチの種類

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP