高速道路睡眠現象とは?

#駅前整骨院
#八王子ライフ整骨院
#交通事故

LINE友達登録で簡単に予約が出来ます♪

友だち追加

ご予約はこちら

『高速道路睡眠現象』とは、クルマなどで長距離の移動を行っている際、疲労感や睡眠が充足しているのに、眠気により判断力や注意散漫になってしまう症状のことです。
別名ハイウェーヒオウノーシスや高速睡眠現象と呼ばれていますが、その原因は単純作業を繰り返していると無意識の状態で肉体を動かすことになり、クルマでの事故が引き起こされやすいものとなっています。
その他の要因としては、高速道路上では運転者が走行中、同じような景色が続くため外的刺激が少ないため、益々高速道路睡眠現象に陥る可能性が高まります。
高速道路での事故を懸念して車道外側線などには、高速道路特有の工夫(区域線上を走行すると音や振動などの発生)が施されています。これら工夫は、ランブルストリップスやメロディーロードなどと呼ばれています。
なお、メロディーロードなどの音や振動により高速道路睡眠現象を軽減させようとする対策が為されていますが、万全とは言えません。
そのためドライバーは睡眠状態に陥らないために、清涼感や刺激の強いガムの摂取や休息を摂ることが対策となります。
近くに休息する場所がない場合、車内の窓を開け風による外的刺激を受けるだけでも、大分睡眠現象は軽減されます。
八王子ライフ整骨院では、ストレッチなどの施術だけではなく、交通事故によるトラブルも請け負っています。
万が一、運転中、何らかのトラブルに見舞われ怪我を負った場合、是非八王子ライフ整骨院の方にお越しください。
むち打ちなどによる症状だけではなく、弁護士との相談も請け負っています。

関連記事

  1. 実は怖い『たんこぶ』

  2. ジョギング

  3. 腰痛について

  4. 転落防止について

  5. レジスタンス運動

  6. ぎっくり腰とストレスに思わぬ関係性?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP