実は怖い『たんこぶ』

#駅前整骨院
#八王子ライフ整骨院
#むちうち
#交通事故

LINE友達登録で簡単に予約が出来ます♪

友だち追加

ご予約はこちら

たんこぶとは、外部損傷の場合は、軽度なら『皮下血種』と呼称され、交通事故等における頭部の負傷においても重症化するなどの傾向が見られます。
主に交通事故における頭部の損傷は、子供の場合、治りは速いですが成人になると治療の速度が緩やかな傾向にあります。

交通事故における単純な怪我の他に、脳機能やむちうちによる副次的な作用があり、事故による問題は長期間によって人体を蝕むほど深刻なものとなりうる可能性があります。

皮下血種(たんこぶ)は内出血に近しいものですが、負傷した頭部の部位によっては非常に危険な内在性をはらんでいる可能性があり、たとえ交通事故などによる怪我ではなくとも、肉体に対して司令塔の役割を担う精密機械といっても過言ではない頭部領域において打撲といった肉体内部におけるダメージを負った際は細心かつ非常に慎重な対応が求められるといっても過言ではありません。

交通事故のほかに脳震盪におけるダメージは楽観視できないものであり、言語障害における問題や痙攣などの症状が確認されています。
むちうち同様、最も問題すべき点として頭部におけるダメージは、日数を跨いで発症するケースがあります。

転落等で頭部におけるダメージを負った際、その日と翌日に問題がなくとも、数日後に頭痛の悪化や吐き気などの症状に見舞われます。
また、脳震盪における影響は一時的(一過性)なだけではなく、『継続して肉体を苛む』特徴があり、定期的な病院への受診の必要があります。

交通事故における肉体的な損害は脳による悪影響だけではなく、『むちうち』における影響も決して無視できるものではありません。

広義的に『むちうち』に関して軽く説明するならば、肉体が物理的に大ダメージを負って、遅れながら徐々にその負傷を自覚するといったものです。骨折などの分かり易い怪我をしていないものの、内面的なダメージは緩和されることなく、ゆっくりかつ微弱な影響を及ぼします。

そもそも、むちうちにおけるトリガーは脳に比較的近しい首周辺であり、四肢といった腕や脚部はあまり関係がありません。
しかもむちうちは事故等における人体における大ダメージに限らず、クルマの走行時、高速度における衝突でなくとも発生するリスクがあり、車体同士が軽くぶつかった場合でも『むちうち』における人体の影響を受けている場合があります。

交通事故に限らず、転落などによって何らかの負傷(主に首や頭部)が生じて、後に肩凝りや目眩などに関して問題を覚えた場合、整骨院や専門院などに罹り付けることを推奨します。

八王子ライフ整骨院では交通事故などによる迅速な治療だけではなく、弁護士等における相談が可能です。
是非、お越しください。

関連記事

  1. 足の長さ

    子どもの足の長さが左右で違う?!

  2. スマホを使う人に起きる肩こりとは?

  3. 猫背

    八王子ライフ整骨院|猫背を整骨院で治しませんか?

  4. 猫 背中

    整骨院で猫背を矯正してみませんか?

  5. ガニ股 矯正

    男性だけでなく女性にも多いガニ股の矯正法とは

  6. カイロプラクティックについて

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP