腰痛

腰痛

#駅前整骨院
#八王子ライフ整骨院
#腰痛
#ストレッチ

LINE友達登録で簡単に予約が出来ます♪

友だち追加

ご予約はこちら

腰痛

誰もが一度は肩凝り同様体験したことがあるであろう、腰痛。今回は『腰痛』について説明していきたいと思います。

そもそも腰痛とは、筋肉の衰えか高齢になるほど発症率が高いことが確認されています。デスクワークや運動不足などが主な原因で発症していると思われがちな腰痛ですが、感染症やガンなどの理由のハッキリとした腰への痛みは10パーセント以上のもので、それ以外の腰痛の痛みは解明されていません。
その他にも腰痛は、症状ではなく病気の一種であるとの考えが、一部の医師が認識していると言われています。

一口に腰痛といっても種類があり、『特異的腰痛』と『非特異的腰痛』の二種類に分類することが出来ます。

『特異的腰痛』とは、筋肉以外の内臓疾患などのトラブルにより引き起こされるものです。腫瘍やぎっくり腰などが該当し、それぞれ症状に合わせた治療法が行われます。
内臓疾患の他にも、交換神経による筋肉への過度なストレスや慢性的な腰痛なども該当するだけではなく、医者の処方ミス(イアトロジェニック)が原因で、短期的(急性)な症状が長期的(慢性的)に移行することが稀に発生します。

『非特異的腰痛』は、意外にも抑鬱などのストレスが原因で発症する場合があります。
その他にも非特異的腰痛に当てはまるのは、30歳以上の年嵩になると自然と腰痛に悩まされたり、自然分娩の際、骨盤等に大きな負担が掛かるためか、同様に腰への痛みが引き起こされます。

また腰痛は悪循環によるサイクルが多く見られますが、慢性化しないために腰の痛みを回避せず、一時的な痛みだと認識すれば急な痛みが治まることが確認されています。
急性的な腰の痛みの緩和には一種のカラクリがあり、痛みを回避することによって余計に腰痛に対して敏感になってしまうためです。よりかみ砕いて説明するならば、アナフィラキシーショックと似たようなものです。

痛みの回避行動は腰痛に限らず、ごく自然てきなものですが、あえて「痛みは何でもない」と何度も認識を繰り返すことが大事です。この認識行動は腰痛の原因の中で、ストレスがトリガーとなって引き起こされることがあるように、一種の関連性があるようです。
八王子ライフ整骨院では、腰痛に限らず肉体のストレッチやマタニティ処方など、様々な肉体トラブルに対応することができます。
スタッフ一同、来院をお待ちしております。

関連記事

  1. 交通事故後のケアは整骨院にお任せください!

  2. 冷え性

    八王子ライフ整骨院|寒いと身体が痛くなる…?!

  3. 妊娠中の腰痛や背中の痛みについて②

  4. ヨガ

    八王子ライフ整骨院|ヨガについて

  5. 妊娠中の腰痛や背中の痛みについて①

  6. 腰の症状:温めると冷やすの対処の違いは?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP