#駅前整骨院
#八王子ライフ整骨院
#ストレッチ
#入浴

LINE友達登録で簡単に予約が出来ます♪

友だち追加

ご予約はこちら


入浴。

日本人ならば毎日行われている入浴行為は、リラックス効果など様々な効果を及ぼします。中にはシャワーだけでお風呂を済ませている方がいらっしゃる方もいるかもしれませんが、肉体の疲労を回復するには湯船に浸かった方がより効果的です。

湯船の温度は40℃程度が丁度良いようです。その理由として副交感神経が作用し、血圧や内臓などに良い影響を及ぼします。

しかし41℃以上の湯船の場合だと交感神経が刺激され、意識や肉体などが活発化するだけではなく、副交感神経の働きが鈍くなるためリラックス状態とは真逆な状態となってしまいます。42℃の湯船で興奮状態となった肉体は、中々入眠できなくなるなどの悪影響が確認されています。
ちなみに朝のシャワーは意識覚醒の効果があり意識が明瞭になるだけではなく、肉体が活発化し新陳代謝が良くなるため、健康的な肉体・ダイエット効果が望めます。

風邪などの病気で入浴行為は大幅に体力が減少されるため遠慮されがちですが、肉体を温めることで病原菌が弱体化するので、効果的です。風邪で高熱が発症して病原菌と戦っているように、ウィルスなどは基本的に熱が弱点なのかもしれません。

しかし、人間の肉体はたった1℃の変化だけでも大きな影響を及ぼします。基本、平熱は36.5℃ほどですが、特に低体温の方は様々な病気に罹りがちになってしまいます。肉体の平熱化するために、湯船にしっかり浸かったり、生姜などの食べ物を摂取することで、徐々に健康的な肉体に戻していきましょう。

低体温の原因は、筋肉量の低下が原因であると考えられています。
筋肉は発熱する作用を有しており、肉体を温めることによって健康な状態が維持されますが、低体温の状態は内臓脂肪(20種類以上の悪性ホルモン)が多くなってしまい、様々な合併症などが引き起こされます。
また、血中内の白血球の動きも悪くなってしまいます。

また、汗を全くかかない状態も低体温に繋がる為、体温を向上させるためにも湯船で肉体を温めながらストレッチを行うなどの対策が効果的です。水中内での重力は六分の一にまで軽減され、比較的肉体が動き易い環境となります。
相乗効果として、アロマや入浴剤などを使用するとより良い効果が期待できるでしょう。

入浴の際のストレッチは比較的負担がなく、リラックス・多幸感といった作用を及ぼしますが、長く湯船に浸かり続けることはあまり良い影響を及ぼしません。しかも基本的に入浴行為は一日一回で、丁寧なストレッチを行ったとしても『軽い運動』でしかないことに注意してください。


八王子ライフ整骨院では、正しいストレッチや歪んだ肉体の矯正など、様々な施術を提供することができます。
皆さまの来院をお待ちしております。