#キネシオテープ治療
#人工筋肉テープ
#駅前整骨院
#八王子ライフ整骨院
ヒザ

LINE友達登録で簡単に予約が出来ます♪

友だち追加

ご予約はこちら


キネシオテープ治療とは一体何なのか……名前を聞いたことのない人のために一通り説明していきたいと思います。

キネシオテープは、別名『人工筋肉テープ』とも言われており、その効果は自己自然治癒能力を高める効果を有するため、一般的に流布しているテーピングとは明確に異なるものです。テーピング(セラポアテープ)の主な役割は包帯のような補助的な役割をしており、筋肉や人体に生じた負傷を防止することが役割です。
その他、テープの特徴的なところは筋肉と似た伸縮性を有しており、身体の動きと合わせて連動することがあげられます。

キシオネテープは、人間の皮膚に近いものであり、テーピング同様ある程度障害を防止する役割はありますが、筋肉の凝りの緩和やリンパ液の促進をさせるなど、肉体の内部である、目に見えないところに効果を表すなど明確な相違点があるところが、顕著な違いです。

テープの伸縮の特徴に関しては、左右に伸びる・縮むなども通常のテーピングとは異なっています。左右の伸縮も効果が微妙に異なり、

「伸びる場合は筋肉の柔軟性等のサポート」、「縮む場合はリンパ官を刺激し老廃物や毒素などを迅速に排出」

させます。

キシオネテープは主にスポーツ選手などに使用されていますが、一般の方でも筋肉等におけるトラブルの際、問題なく使用することが可能だけではなく、薬局などでも販売されている、実に実用性の高い医薬品となっています。意識としては、少し毛色の違った湿布のようなものと考えて良いかもしれません。

キシオネテープの主な効果

・関節痛の痛み
・内出血の緩和
・関節の動きを円滑化させる
・目眩や頭痛にも効果がある

といった効果が主な効能です。

上記で一般的にも購入可能と述べましたが、注意点として筋肉の動き(流れ)に沿うように添付することが、最も重要です。
その他にキシオネテープの凄いところは新陳代謝を高めるため、冷え性などの効果があり、日常動作における何気ない動作でもリハビリとなる点です。
テーピングは拘束具のように固定するのに対して、キシオネテープはコルセットのように締め付けるわけではなく、むしろ真逆で、間隔や隙間などを生じさせ添付するのが使用法の前提です。そのため、固定とは違うので、筋肉や関節などにおける負担はテーピングと比較して軽減されています。


テープの貼り方


・肩凝りなど

テープをY字型に切り、腕の表面に張り付けます。左右、肩の付け根にYの字の先端を添付させ、全体的なテープの長さは二の腕より少し手前の方が丁度良いでしょう。肩の付け根から関節あたりに貼られた外見的特徴、少し長めのクワガタのハサミのようなものとなります。

・寝違いに

耳の中央から肩甲骨あたりにテープを添付します。ポイントとして、切込みは控えめにした二股にすることが注意点です。テープを張る際のポイントとして、貼る方面に首を向けることと良いでしょう。

・目眩や頭痛

貼り方はほぼ寝違いと変わりないですが、テープを貼る視点が耳の中央ではなく、耳朶より少し下の方にズラして添付する点が特徴的です。テープを貼りつける際、貼る方向に首を向ける点も寝違いにおける処方と同様ですが、特筆すべきは肩凝りや寝違いとは異なり、切込みを入れたY字にする必要がありません。全体的なテープの長さは肩甲骨から、指の第一関節分、長めにすることです。


まとめ

キシオネテープは1980年に医療法が確立した、比較的新しい療法です。しかし、スポーツ選手の靭帯負傷や関節などにおけるケガを治療するだけではなく、老人介護においても使用されているほど、非常に効果的なものです。
一般的に流布しつつも、筋肉の作りに沿って添付するなどの、やや癖のある貼り方ですが、世界中でキシオネテープによる治療法が認められており、資格制度まである有益な医療法となっています。

八王子ライフ整骨院では、キシオネテープによる施術も行っています。テープによる確実で正確、効果的な施術法を知りたい方はお越しください。