ぎっくり腰の対処法

LINE友達登録で簡単に予約が出来ます♪

友だち追加

ご予約はこちら

 

 

突然ギクっときて激痛で動けなくなる「ぎっくり腰」。

 

経験された事がある方も多いと思います。

 

2~3日は激痛で苦しみ、1週間は痛みでギクシャクした動きになりますよね…。

 

今回は、そんな時どう対処すればいいのかをご紹介していきます。

 

ぎっくり腰って何!?

 一般的にぎっくり腰と言われている症状は、正式には「急性腰痛症」と言います。

 

 椎間板や関節、筋肉や靭帯などに部分的な損傷が起こり、強い痛みを生じると考えられています。

 

 痛みが生じている部分は炎症が起きている状態です。

 

 ギクッときたその瞬間よりも、2日目の方が痛むという方も多く、1日目があまり痛みを感じないからと言って、処置を怠ると2日目、3日目に痛い目にあいます。

 

 よく、重いものを持ち上げようとしてぎっくり腰になると聞きますが、実は、重いものを持ち上げる事自体ではなく、動作の方が原因になります。

 

 例えば、顔を洗おうとして腰を曲げた時、靴下を履こうとしてうつむいた瞬間、何気なく振り返った時など、普段のちょっとした動作がきっかけになる事はよくあります。

 

また、ぎっくり腰は、自然に治ると言われています。

 

 ですが、酷い痛みはストレスになりますし、痛みのために動きが制限されて困る事にもなりますよね。

 

 なによりも、ぎっくり腰だと思っていたら実は、深刻な病気だったという事も考えられます。

 

 安易な自己診断は危険だという事ですね。

 

 動けるのであれば、まずは整形外科や整骨院へ行かれる事をお勧めします。

 

ぎっくり腰の対処法

 ここからは、ぎっくり腰になった時、一体どう対処すればいいかをご紹介します。

 

 「RICE処置」と呼ばれる応急処置法があります。

R : Rest (安静)

I : Icing (冷却)

C : Compression (圧迫)

E : Elevation (挙上)

それぞれの頭文字をとったものです。

 

■1日目~3日目くらいまでは強い痛みに悩まされることになります。

 

 この期間は、炎症が起きている状態ですから、まずは応急処置をして痛みを軽減しましょう。

 

 【R】Rest(安静)・・・少しでも動くと激痛が走ります。無理はせず、楽な姿勢で安静にしましょう。

 ・寝る時の姿勢

   横向き…軽く膝を曲げて横向きに寝ると楽です。

   仰向け…軽く膝を曲げ、膝の下にクッションや枕を置きましょう。

       低めの台の上に両足を乗せても楽に寝る事ができます。

 

 【 I 】Icing (冷却)・・・炎症が起きているのでまずは患部を冷やしましょう。

 ・冷やし方

   袋に氷を入れ、タオルなどで包んで患部に当てましょう。

   冷感湿布をお持ちの方は、湿布薬を貼ってもいいです。

 ・入浴

   炎症が起きている間は、温めると血行が良くなり、炎症が酷くなる可能性があります。なるべく控えましょう

   どうしても入浴しなければならない場合は、軽くシャワーなどですませましょう。

 

【C】Compression (圧迫)・・・コルセットなどで患部を固定します。トイレなど、どうしても動かなければならない場合、腰を固定していると少し楽に動く事が出来ます。

 

【E】Elevation (挙上)・・・幹部を心臓よりも高く上げて、痛み物質をコントロールする事ですが、ぎっくり腰の場合、それはムリなので当てはまりません。

 

 痛みの酷い1日目から3日目くらいまでは、上記のように、安静・冷却・固定で炎症が引くのを待ちましょう。

 

 

■2~3日して痛みが和らいで来たら、ある程度は痛みを我慢して少しずつ動かしていく様にしましょう。

 

 以前はぎっくり腰になると、とにかく“安静にする”ように言われていました。

 

 しかし最近の研究では、適度に身体を動かしていく方が早く回復するという事が分かってきました。

 

 ずっと動かないでいると、背筋が衰えてしまい、そのまま固まってしまいます。

 

 ぎっくり腰にもリハビリが必要という訳ですね。

 

 炎症が起きている時は、“冷やして安静に”する事が大事ですが、炎症が治まってきたら今度は、血行を良くして自然治癒力をあげていく事で治りが早くなります。

 

 特別にストレッチなどをしなくても、日常生活で行う範囲の動作だけで大丈夫ですので、動かせる部分は積極的に動かしていく様にしましょう。

 

ぎっくり腰の予防法

 一度ぎっくり腰になると、再発しやすいと言われています。

 

 激痛に苦しむ事になるぎっくり腰。

 

 二度と経験したくはありませんよね。

 

 ぎっくり腰になりやすい4つの事をご紹介します。

 

  1. 姿勢の悪さ

  猫背などで前かがみになると腰に負担がかかります。

  また、姿勢が悪いという事は、体幹の筋肉が弱っているという事です。

  体幹の筋肉を鍛え、常に正しい姿勢でいる事を心掛けましょう。

 

  1. ストレス

  ストレスが続くと、痛みに敏感な身体になってしまいます。

  「痛い」と感じる事は、人間の身体を守るために必要な感覚です。

  しかし、過度な痛みの感覚は身体の安全を保つ目的を越えて、かえって身体の不調となってしまいます。

  ストレスを溜め込む前に、発散する方法を見つけましょう。

 

  1. 肥満

  肥満は万病の元ですが、腰にとっても大敵です。

  腰は体重を支える大切な部位です。

  体重が重ければ重いほど腰に負荷がかかり、痛めやすくなります。

  体重のコントロールはとても大事です。

 

  1. 運動不足

  肥満にもつながる事ですが、運動不足も腰への負担を増やす事になります。

  運動不足は、1でも述べた、“体幹の筋肉”の衰えを招きます。

  適度に身体を動かす習慣をつけましょう。

 

 上記の4つの事に気を付けていれば、ぎっくり腰になりにくく、また、健康な身体を手に入れる事が出来ます。

 

まとめ

もし、ぎっくり腰になった時には、下記の2つを思い出してください。

 ①最初の1~3日程は、安静にして、患部を冷やし、コルセットなどで固定する。

 ②炎症が治まってきたら適度に動く。

 

 ですが、深刻な病気が隠れている場合もあり、また、早く適切に治療していく為にも、まずはためらわずに整形外科や整骨院を受診してください。

 

 八王子ライフ整骨院では、痛みの度合いに応じて、患者様お一人お一人に合わせた治療方針を立てていきます。

 

 安心してお任せください。